イメージ
 
スプリンクラー設計

グループホーム・高齢者施設のスプリンクラー設備の設計を行います。

弊社では、スプリンクラー設備や自動火災報知設備等の改修をお考えの方に、最善の企画・設計のご相談を受け付けております。 お年寄りや認知症の方に配慮した設計をお望みの事業者様や、行政機関との打ち合わせ、工事費概算見積りなどは実績のある弊社にご相談ください。

一般的な写真
水道直結型スプリンクラー設備系統図例

中高度撮影。3D効果で施設の魅力がよく表現されます。
水道直結型スプリンクラー設備平面図例

主な業務内容

*

お客様のご要望に応じてご対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

  • 各関係部署との協議・調達
  • 申請補助
  • 設計図面の作製
  • 積算
  • 書類審査、設計審査
  • 検査立ち会い

消防法一部改正による防火安全対策の概要

平成18年の長崎県で発生した認知症高齢者グループホームにおける火災事案を教訓に、火災発生時、自力 で避難することが困難な、小規模の認知症高齢者グループホーム等の社会福祉施設における防火安全対策を強化するため、消防法施行令及び消防法施行規則の一部改正(平成21年4月施行)が行われました。
※(既存施設について、消防用設備等の設置に関する猶予期間を設定)
※スプリンクラー設備等については、3年間の猶予期間を設定。

防火管理社の選任等

*

■ 消防計画の作成、防火教育・訓練等を行う
■ 防火管理者※ の選任 (消防法施行令・同施行規制の改正)

 

 旧)収容人員30人以上 → 収容人員10人以上で選任

 

※施設の消防計画を作成し、防火教育・訓練を行うために、防火の知識を有する職員を選任する。
※火災発生の防止と被害を最小限に留めることを目的とし、消防計画を立て、それを基に日常の火気管理、消防設備の適切な維持、消火・避難訓練などを遂行する管理的又は監督的な地位にある人物。

消防用設備等の設置

*

消防用設備等の種類 改正前 改正後
自動火災報知設備 自動火災報知設備 延べ面積
300m2以上
全ての施設
火災通報装置 火災通報装置
(消防機関へ通報する火災報知設備)
延べ面積
500m2以上
全ての施設
スプリンクラー設備 スプリンクラー設備 延べ面積
1,000m2以上
延べ面積
275m2以上※
消火器 消火器 延べ面積
150m2以上
全ての施設

※延べ面積1,000m2以下の施設では水道を利用した「特定施設水道連結型スプリンクラー設備」を設置することができます。

*

ご相談・資料請求・お見積りはお気軽にお問合せください。

*

防災や減災に関して導入したいが、「何からすればいいのか?」「どれぐらい費用がかかるのか?」等、 お悩みの方も多いのではないでしょうか? 株式会社創気社では、ご希望に沿ったお客様に合わせた最適な防災システムをご提案いたします。 まずはお客様のご希望をお聞かせください。 素朴な疑問やご質問もどうぞお気軽にお問合せください。

お問い合わせ